shutterstock_1068418445_s.jpg

相続は何から始めるのか?

まずは、法廷上の相続人の確定からです。


ご自身の相続人が誰かおわかりですか?

配偶者や子供、これはだれでもすぐにわかるかと思います。

では、親や兄弟は?離婚されていた場合は以前の配偶者や子供はどうなるの?

異母兄弟、異父兄弟、俗にいう腹違いの兄弟は???

まずは、そこをハッキリさせましょう。

そして、次にその方たち以外で あなたの財産を残したい人はいますか?


法廷相続人、そしてその方たち以外に財産を残したい人、

その方たち全員をリストアップして残しておくこと、

次にその全員の顔を思い浮かべてください。


これは とても大切なことです。

相続対策は、その方たちの笑顔を守るために行う対策です。

そのことをしっかり認識してください。

以上が第一段階です。



次は相続財産の確定です。


現金、不動産、貴金属、etc…

あなたの財産の一覧を作りましょう。

孫の名義でこっそり積み立てている預金口座はありませんか?

先代から受け継いだのに登記をしていない不動産はありませんか?

これらを明らかにしておくこと、これも相続対策のひとつです。


そうなんです。

相続人を明らかにすること、相続財産を明らかにすること、

「明らかにする」ということは相続対策において大切なことです。

まずは、明かにすることから、はじめましょう。

第一段階で、思い浮かべた大切な方たちのために。