shutterstock_1068418445_s.jpg

相続対策は何歳から?

「相続対策なんて 私にはまだ早い。」 そんな言葉を耳にします。 それは40代の人であたり、50代の人であったり、60代の人であったり、 時にはお元気な70代の方も

「私にはまだ早い。」とおっしゃられる方もいらっしゃいます。


では、相続対策は何歳から始めるのが良いのでしょうか?


結論から申し上げますと「年齢に関係なく「今」です。」

「え?だって私はまだ30代ですよ。」

そんな風におっしゃられる方もいらっしゃるかもしれません。

では、お聞きしますが、「あなたはご自分の寿命をご存じですか?」 私たち人間にはいつか必ず死というものが訪れます。 その時期はご病気などで余命宣告をされない限り誰もわかりません。 あまり考えたくはないことですが、

それは もしかしたら1週間後、あるいは明日かもしれません。 残された時間がわからないからこそ、大切な方のために備えておく必要があるのではないでしょうか?


実際のところ、相続対策に「早すぎた」ということはなく、

むしろ「遅すぎた」ということの方が多いのが現状です。

具体的な例をあげますと、遺言書を書いていなかったので、

遺された奥様とご主人の姉妹の間で自宅マンションの相続争いになり、

奥様が住み馴れた自宅から出ていかなくてはいけなくなったケースや

相続対策のためにアパートを売ろうと思ったが

認知症と診断を受け、売ることが出来なくなってしまったケースなど多々あります。


また節税対策として生前贈与を行ったとしても

3年以内に亡くなってしまうと

その贈与はなかったことになってしまうというルールもあるので

生前贈与をするのであれば早いうちから時間をかけて行う必要があります。

更に不動産の売却をする際にも測量に時間がかかったり、

売りたい金額ではすぐには売れないなど予想以上に時間がかかるケースもあります。


このような事例は本当にたくさんあるので、

相続対策はできるだけ早くから行うことをお勧めいたします。